岡山にはよく、物凄く大変な治療行為として透析というのがある

SITEMAP

透析

岡山での透析とは何をするのか

岡山では透析患者がとても多くなっています。そもそもどうして透析などという行為をしないといけないのかといいますとそれが腎不全です。腎臓が悪くなった人が、その機能を補うために人工透析というのをするわけです。そもそもどんな機能が腎臓にあるのかといいますと大きくわけると3つあります。
まず、老廃物の排出というのがあります。そして、身体の水分量を調整したり、或いは体液の成分量の調整もしたりするようになっています。そして、赤血球と血圧調整ホルモンなどを改善するようにしています。こうした機能が低下することになりますと物凄く体調が悪くなります。身体の液体がどんどん濁っていくような感じになります。つまりは、十分な濾過機能が得られなくなるわけです。そうした状態の場合、透析をしないといけないわけですが、これには色々と方法があります。
その一つが、血液透析になります。これが岡山では一番透析としてのイメージを強く持っています。血液透析とは、ダイアライザーと呼ばれる機械に血液をろ過させて、身体に戻す方法をいいます。当然、何時間もそれを待っている必要があります。その為、日常生活に支障を起こすことになるのですが、それでもやらないと死にいたる可能性があるのが腎不全なのです。

TOP