岡山にはよく、物凄く大変な治療行為として透析というのがある

SITEMAP

透析

岡山の血液透析についてのこと

岡山で透析の方法というのは、いくつかあるのですが要するに身体の中の血液とか或いは水分をどうにかろ過させることができればよいのです。その一つとしてあるのが血液透析であり、これがまずは岡山では最も無難なやり方となっています。
まず、ダイアライザーという機械を岡山では使います。これには中に無数の細いストロー状の管が組み込まれています。そして、血液がこの中を通っていき、外側に透析液を流すのです。そして、血中の老廃物などをろ過していくことになります。そして、血液を体内に戻すということです。つまりは、腎臓が行うろ過を外部的な装置によって行おうということになります。いくつかの特徴があります。まず血液透析のメリットとして、老廃物や余分な水分を一定のほぼ決まった時間で完了することができます。
もう一つの透析法である腹膜透析よりも効率がよく、より確実であるとされています。こうした点がメリットとして血液透析にはあるので多くの人がやっているわけです。但し、デメリットもあります。まず、時間的拘束がとても長いのです。週に最低でも1回、状況次第では2~3回は必要になります。そして、1回あたりで5時間程度はかかることになります。これがデメリットになります。

TOP